水牛の印鑑と運命の出会いとは!?

先日実印を作りにはんこ屋さんへ行ったのですが、
印鑑といえど様々な種類のものがあるようです。

一年一年着実に成長し人生安泰の象徴と言われる柘植、
その多産性から安産と、子宝の象徴と言われる水牛、
目が細かくとても美しい白色の象牙、
変わったところでは天然石や、傷つきにくいチタン。
それぞれの素材には、各々の特徴が有るようです。

印鑑を柘植にしようか水牛にしようかそれとも天然石か
迷っていたところに、はんこ屋のおじさんが親切にも
それぞれの印鑑の素材についての良いところを説明
してくれて、ちょっとしたお勉強になりました。

柘植は、緻密な彫刻がしやすい。一年一年着実に
成長するので、人生の安泰の象徴であるようです。
柘植の場合は印鑑を押したら油分である
朱肉をきっちりふいておけば長く使えますとのこと。

うーむむ。確かにお値段的には柘植もいいなあ、
と心揺れていました。と、いうのも私、最近結婚して
子宝や安産の象徴と事前に調べて知っていた
水牛の角を使った印鑑に心惹かれていたのです。

水牛は、はんこ屋のおじさんいわく
昔から田植えや農耕を手伝ってきたことから
豊穣をもたらす神様の使いだと言われており
その多産性から子宝と安産の象徴でもあるとか。
長持ちもするし、印鑑ケースにしまっておけば
虫もつかずに半永久的に使えるということでした。

印鑑、とくに実印や銀行印って人生の節目に使う
とっても特別なものです。だから、
自分が一番気に入って納得のしたものを買いたいって
思っていたのです。折しも結婚したばかりで
新姓の苗字の実印を買うなんて時でしたから、
子宝と言われて私の耳はダンボになりました。
ほら、これおすすめだよと言われて手渡されたのは
お値段もお手頃で、それでいて柔らかで
穏やかな黒色の水牛の印鑑だったのでした。
丁寧に作られた印鑑ケースの内側の刺繍も勿論の事、
水牛の印鑑のしっとりしたツヤとなめらかさ。
思わず一目惚れってやつでした。

これで市役所にも印鑑登録できるなあ、なんてほっとしつつ
今後の人生にはこの印鑑とともに一緒に歩んでいくんだ
なんて思いながら、その印鑑を購入しました。

家に帰ってきて今日ゲットした水牛ハンコくんについて
いろいろ調べてみると、今はネットで印鑑が購入できるようですね。
素材もローズクォーツなんてものもあったりして、女性が個人の認印として使うのには最適ですね。
女性じゃなくても新社会人の人とか、会社で印鑑必要に
なるときとか、手軽に購入できて良さそうですね。
私も新社会人の時は、全然お金がなくって文房具屋さんで
シャチハタと実印の違いさえ分からなかったりして
恥ずかしい思いもしました。いい思い出です。
今度、個人の認め印を購入するときは、ネットで水牛ハンコ
の弟分を買ってみようかな?

コメントを残す