実印や銀行印には水牛や柘植の手彫り印鑑を誂えたい!

認印と言われる印鑑は、プラスチック材で機械彫りの
いわゆる三文判でも良いでしょう。

しかし、大切な書類に押印する実印や銀行印は、やはり
自然材質の印材に印相学に則った書体で、手彫りで誂え
たいものです。

もちろん、実印は役所に印鑑登録をすれば、どんな
印材や字体でも、いわゆる三文判でもOKです。

しかし、大切な印鑑は、簡単に偽造されない目的や、
大切な押印が結果として幸せに繋がるように、やはり
それなりの印材に手彫りで刻んで誂える方が多いの
です。

成人になった時に、実印と銀行印の
セットで誂えるのもお勧めです。

実印と銀行印に迫る!今すぐネットで購入?

実印は役所に印鑑登録をし、重要や書類や取引の
際に、その印鑑を押印すると共に、その印鑑が
個人が実印として登録した事を証明する
印鑑証明書で確認し、利用するものです。

印鑑の中では最も重要な印鑑であり、多くの
場合には印鑑の直径は少し大きめで、そこに
姓名を彫ってもらうのが一般的です。

銀行印は、口座を開設する時に、銀行等の金融機関に
届け出る印鑑で、通帳での出金や金融機関での様々な
手続き等に押印し、免許証や健康保険証で行う本人確認
と合わせて不正を防止する仕組みとなっています。

この様に、実印も銀行印も不正が無い様に印鑑の印影
と何らかの身分証明や公的な証明と組み合わせて不正
防止を行うほど重要であり、印鑑も偽装されぬ様に、
手彫りである事が好ましいのです。

比べてください!人気の印材とは?

印材として具備すべきポイントは、文字の一部や
周囲の縁が欠けたりしない事が重要です。

それでいて、刃物で文字を刻むのにも適したものが
求められます。

また、押印時の手触りなども大切です。こうした
印材として具備すべきポイントを有した自然素材の
印材としては水牛の角や柘植材が人気です。

黒水牛の角は黒くて重厚感と気品があり、柘植は光沢と
木目が高級感を与えてくれます。

印鑑の購入先を決めるとっておきの方法とは?

こうした印鑑を購入するのには、現在では実店舗よりも
通販の方が便利でしょう。

彫りたい姓名や、姓を記載し、印材と字体を選定すれば
専門家が手彫りをし、自宅に送付してもらえます。

印材の種類も豊富で、字体も何種類かを用意している
場合も多く、自分のお気に入りの印鑑を誂えるのには
向いているのです。

コメントを残す