材質にこだわる基準はじつは『アレ』だった!?

一回作った実印を捨ててしまったり、買い換えることは
あまりありませんよね。

実印は一生に渡って使うものなので、納得のいく一本を
作ってくことで後々の手間が減ります。

印鑑の材料には繰り返し使える丈夫さや、長年使い続け
られる耐久性が求められます。

そのため硬い材質であるチタンや象牙が
最適であるのですが、そのような材質は非常に
高いためなかなか手が 出ません。

今回はコストパフォーマンスの良い材質である象牙と柘
植の印鑑についてまとめました。

ずぼらなら選んでいけない印材は、〇〇の印鑑だった!?

高級なチタンや象牙などはめったにかけたり
壊れること はありません。

木材などでできた印鑑はハンコの縁が
かけてしまったり非常に壊れやすいです。

壊れた場合直すことは難しく、
銀行口座などの手続きも 大変です。

コストを極限まで落としたいなら◆◆の印鑑を選ぶべき!?

水牛の印鑑は非常に良い材質の印鑑なのですが、まだ少
し高いと感じます。

コストを極限まで落とし、長年使える丈夫な印鑑を探し
ている人には柘植の印鑑をお勧めします。

柘植はきめ細かい木目の美しい材質で、印鑑だけでなく
美術品にも使われるため、見た目にこだわりたい人も納
得できるかもしれません。

しかし、柘植は木材なので、朱肉などの油に弱く、メンテ
ナンスが欠かせません。

例えば、つけた朱肉を毎回必ずふき取ったり、保管場所に
関しても多湿に気をつけるなど、何かと手がかかる材質で
す。

思い切ってチタンに手を出してみる時期を教えます!

チタンは確かに良い物で人気もあり
特徴を上げてみると

・値段が高い
・名前が分からないくなるほど削れることはない
・油の腐食で壊れない

金銭的に余裕がある場合は思い切ってチタンも良いですが、
本当にコスパがナンバーワンでしょうか?

コストと丈夫さでナンバーワンの印鑑は実は〇〇だった!?

白水牛ですが、メリットとして以下のことがあげられます。

・とにかく壊れにくくコストが安価
・いちいち朱肉を拭き取る必要が無い

例えば、木材の材質は朱肉による腐食があり、
いちいち綺麗に拭き取る必要があるので
面倒くさい方は白水牛を手に入れてください。

コメントを残す