緊急のお知らせ!水牛と柘植の利点と弱点

印鑑の材質に水牛と柘植があるそうです。

印鑑の材質としては両者ともに
高級なものに該当します。

ではその2つの材質にはどのような違いがあるのでし
ょうか?

水牛の不思議!水牛の材質はどのようなもの?

水牛の印鑑には角が使われています。

使われる物としてはオランダやアフリカの物が多いよ
うです。

理由は透明度が高く美しく見栄えが良いという事です。

種類も分けられており野草のように白い物が入ってい
る物もあれば純白の物もあり種類は豊富なようです。

品質の見分け方は使っている場所のようです。

最も良い物は象牙の芯の部分であり、組織形成がしっ
かりしているのでひび割れに強い丈夫で頑丈な作りと
なっているようです。

ですがこの水牛の材質は乾燥にとてもデリケートな部
分もあります。

長時間日光に当たったり、強い光の元にずっと置いた
りしているとひび割れになる原因にもなりますし強度
も落ちます。

なのでケースに入れるもしくは日光や照明の当たらな
い場所に保管するのがお勧めです。

冬も乾燥が強くなると強度が落ちる原因になりますの
で、注意する必要があります。

あの柘植の材質はどのようなものか!?

柘植の材質は古くから日本で使われてきた材質です。

一番有名な材質と言えます。

使えば使うほど手に馴染んでくる物であり、見た目も良
くなってくる物という特徴があります。

品質が良い上に費用は安いので簡単に手に
入りやすいです。

この材質は木でできているので乾燥や湿気に弱いです。

また欠けたり割れやすくもあるので落とすと割れてしま
う危険性があります。

また高い頻度で印鑑を使っていると劣化も早いです。

家で個人的に使う人や、あまり高い頻度で使わない人は
この柘植の印鑑はお勧めです。

逆に仕事場でよく使う人はすぐに駄目に
なってしますかもしれません。

水牛と柘植の違いを見比べてみて??

水牛は耐久性もあり壊れにくく、見た目も
美しいという利点があります。

一方で外国性で値段は多少高くなり、
湿気や直射日光に弱いです。

柘植は安く耐久性もあり、長く使うと
馴染んでくる利点があります。

一方で壊れやすく、よく使っていると劣化もします。

以上を踏まえた点で自分にあった
物を買うといいと思います。

コメントを残す